速報 陸上部

速 報
本校初!インターハイ出場が決定!
関東大会で5000wで4位入賞を果たし、沖縄インターハイの切符を手にした渋谷七未さん(右)と双子の妹の渋谷琴未さん(左)
共に 加須市立昭和中出身
 

2年連続 関東大会出場 陸上部

2年連続 関東大会出場決定!
目指せインターハイ

5月11日から14日 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて
インターハイ県予選が開催されました




本校陸上部3年の渋谷七未さんが2位入賞し、2年連続の関東大会出場を決めました。
関東大会は6月14日~17日、茨城県笠松運動公陸上競技場で開催される北関東大会で上位4名に与えられるインターハイへの切符を目指します。
応援よろしお願いいたします。
 

速 報

陸上部 全国大会出場

第30回 U20選抜競歩大会 平成31年2月17日(日)
(六甲アイランド南大学周辺コース 日本陸連公認コース )

http://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/1308-1.pdf

3名の選手が出場を決めました。(昨年度のは2名)

ジュニア男子10KWの部
  小沼良太郎(伊奈中出身)
  鈴木 基嗣(さいたま市出身)

ジュニア女子5KWの部
  渋谷 七未(加須市昭和中出身

  

 

弓道部 関東大会出場決定

速報 弓道部
関東大会出場(県大会を制す!)


8月下旬に行われた県大会において、本校2年生の武藤風雅くんが優勝し、関東大会出場を決めました。

9月3日の始業式後に壮行会が行われ、全校生徒で武藤君の健闘を称えました。

 

ビーチバレー全国大会出場 速報

全国大会出場決定!!

ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会埼玉県予選速報


'18マドンナカップin伊予市ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会埼玉県予選で3年生の田崎真央衛藤雅ペアが優勝し、2年連続全国大会への出場を決めました!!
昨年のベスト8以上の成績を目指して頑張ります!!!応援よろ

しくお願いいたします。


 

陸上部 市長、教育長 表敬訪問

(陸上部 全国大会出場)
蓮田市長訪問

↓ 詳細は画像をクリック ↓



(左から 西山教育長、中野市長、鈴木基嗣君、渋谷七未さん)

全国大会を決めた陸上部の二人が市長表敬訪問をし、激励を受けました。
U20選抜競歩大会(神戸市六甲アイランド陸連公認コース)
出場種目は 男子10KW / 女子5KW
 

松韻高校情報

新着日誌
12345
2019/06/24new

No.441 幻のMVP

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長先生


 先週の土曜日(6月22日)、蓮田市総合市民体育館(パルシー)において、市内
PTAソフトバレーボール大会が開催された。

 

 吾輩の作戦がずばり的中した。スタメンから校長を外し、ベストメンバーで臨んだわが松韻高校チームは、予選リーグを1位で通過し、決勝トーナメントを勝ち上がり、なんと準決勝に進出したのだ! 

 

 試合に出なかった校長が最高殊勲選手、MVPだ! と思っていたら、その校長がのこのこ出てきた。見ているだけでは我慢できなかったようだ。……吾輩の嫌な予感が的中した。校長のだらしないプレーのせいで決勝進出を逃してしまった。

 

 3位という素晴らしい結果であった。が、来年、優勝を目指すなら、もう一度言おう、校長を出すな!

 

〈気になる言葉〉

「私たちは他人に迷惑をかけるときは鈍感だが、迷惑を受けるときは敏感である。こうして自他はいつもすれ違う。」矢部正秋『プロ弁護士の仕事術・論理術』PHP文庫2015 p.172.


07:40 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/06/21new

No.440 校長を出すな!

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長先生


 明日、蓮田市内の
PTAソフトバレーボール大会が行われる。思い起こせば1年前、初出場の我が松韻高校は、保護者の奮闘にもかかわらず、校長のふがいないプレーのせいで一勝もできなかった。今年は何としても初勝利を目指したい! 

 昨年の敗戦の原因はわかっているので対策は立てやすい。簡単なことである。原因を排除すればよい。すなわち、校長を出すな! それが勝利への第一歩だニャン!!

〈気になる言葉〉       

「ゲーテは『涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の味はわからない』と言っていますが、とことんまで敗戦の苦しみや悲しみを味わい、その厳しい反省の中から立ち上がった経験を通してこそスポーツの真の味わいが分かり、やがて勝利の深い喜びも分かるのです。」中山健『校長訓話』学事出版 2008 p.126.


07:15 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/20new

No.439 インターハイに向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長先生

 インターハイ出場を決めた陸上部の渋谷七未さん(加須市立昭和中学校出身)が抱負を語ってくれました。

★渋谷七未さん(3年3組・加須市立昭和中学校出身)

「この度、8月に行われる沖縄インターハイへ進めることになりました。今までインターハイに出場するのが夢で、それに向けて頑張ってきました。

 県大会では準優勝し、関東大会に出場しました。その関東大会で4位以内に入らないといけないのですが、何とか4位に入り、インターハイを決めました。

 自分でもここまで強くなれるとは思っていませんでしたが、今までの練習を振り返ると、誰よりも努力してきた証なのかなと思います。

 今後、インターハイに向けての練習が始まりますが、1つ1つを大事にして、決勝に残って満足できるレースができるよう、日々頑張っていきたいです。応援よろしくお願いします。」

〈気になる言葉〉

「夢はわれわれの能力を拡張してくれるありがたい贈り物であり、エンジンだともいえるわけです。」岡部光明『大学生の品格』日本評論社 2013 p.52.



07:15 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/06/19

No.438 合唱部(3)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長先生

 合唱部3人目は、関根明保さん(さいたま市立慈恩寺中学校出身)です。

★関根明保さん(3年1組・さいたま市立慈恩寺中学校出身)
「私たち合唱部は、埼玉県合唱祭に出場しました。1か月間という短い練習期間でいろいろなハプニングもありましたが、無事に本番を迎えることができました。本番では、緊張しながらも練習の成果を発揮し、歌いきることができました。

 他校の音楽や団体の音楽を聞いて、たくさんのことを学ぶことができました。今回学んだことを生かして今後も頑張っていきたいと思いました。

これからもたくさんのステージに立てるよう、日々の練習を頑張っていきたいです。」

〈気になる言葉〉
「一般的にいえば、子どものかな文字の習得は、同じ速さで進むのではなく、はじめの二十字までは非常にゆっくりであるが、二十字を越えると、そのあとは急速に習得速度が増すことが知られている。」稲垣佳代子・波多野誼余夫『人はいかに学ぶか』中公新書 1989 p.102.

 

 


07:20 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/06/18

No.437 合唱部(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長先生

 合唱部2人目は3年生の鵜瀬優花さん(越谷市立栄進中学校)です。


★鵜瀬優花さん(3年1組・越谷市立栄進中学校出身)
「昨年の10月に入部したので、私にとっては初めての埼玉県合唱祭でした。少人数でもあるので、すごく緊張しました。歌った曲は、「ロマンチストの豚」と「ふるさと」です。

 
  「ロマンチストの豚」はアカペラで歌いました。ピアノ伴奏がなく、一人一人の音程が大事になってくるので、音程をとるのに苦労しました。

 「ふるさと」は2部合唱で歌いました。本番直前に楽譜が変わったので、自分自身の練習不足を身をもって感じました。当日まで歌詞を覚えられず不安でしたが、本番では歌いきることができました。先生たちがたくさん見に来てくださり、「良かったよ」と声をかけてくださったときは、最後まで頑張ってよかったと思いました。

 
  ハーモニーが決まっていなところも多々あったので、今後の課題として一人一人の音程をもっと正確にとることを意識したいです。とても良い経験をすることができました。見に来てくださった先生方、ありがとうございました。」

〈気になる言葉〉

「『必ずできる』『何とかなる』『大丈夫だ』と確信すると、関連情報が集まり、多くの選択肢が浮かび、よい結果が得られる。ところが、『どうなるか不安だ』と思っていては、よい解決策も浮かんでこない。『ダメだ』『ムリだ』『できない』と決めつけるから、できないのである。」矢部正秋『プロ弁護士の処世術』PHP新書 2010 p.43.


07:30 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
12345

中学生の皆様へ

平成31年度の学校案内はダウンロードしてご覧ください。2018年度 蓮田松韻学校案内.pdf
 

保護者の皆様へ

本年度より保護者宛ての文書をホームページの「PTA」からダウンロードできるようになりました。生徒を通じた文書配布も今までどおり同時に行います。

 

輝け!スクールライフ

県立蓮田松韻高校ホームページ・サイトポリシー

県立蓮田松韻高校ホームページ(以下「本ホームページ」という。)は県立蓮田松韻高校が運営しています。以下の条件に同意の上、ご利用ください。

〇著作権について
・本ホームページにおけるすべての著作権は県立蓮田松韻高校に帰属します。
・私的使用などの著作権法上認められた場合を除き、本ホームページのニア用を無断で転載・引用することは禁止ます。

〇個人情報の取り扱いについて
・本ホームページを通じて個人情報(住所、氏名、電話番号、E-mailLアドレス等、特定の個人を識別できる情報)を収集するときには、収集の目的を明確にし、その目的に必要な範囲の情報を収集します。
・収集した個人情報は、「埼玉県個人情報保護条例」に基づき、適正に管理します。また、該当の目的以外では使用しません。

〇免責事項
・本ホームページに掲載されている情報の正確さに万全を期していますが、県立蓮田松韻高校は利用者が本ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、一切責任を負わないものとします。
・県立蓮田松韻高校は、利用者が本ホームページを利用したことにより発生した利用者の損害および利用者が第三者に与えた損害については、一切の責任を負わないものとします。