速報 陸上部

速 報
本校初!インターハイ出場が決定!
関東大会で5000wで4位入賞を果たし、沖縄インターハイの切符を手にした渋谷七未さん(右)と双子の妹の渋谷琴未さん(左)
共に 加須市立昭和中出身
 

2年連続 関東大会出場 陸上部

2年連続 関東大会出場決定!
目指せインターハイ

5月11日から14日 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて
インターハイ県予選が開催されました




本校陸上部3年の渋谷七未さんが2位入賞し、2年連続の関東大会出場を決めました。
関東大会は6月14日~17日、茨城県笠松運動公陸上競技場で開催される北関東大会で上位4名に与えられるインターハイへの切符を目指します。
応援よろしお願いいたします。
 

速 報

陸上部 全国大会出場

第30回 U20選抜競歩大会 平成31年2月17日(日)
(六甲アイランド南大学周辺コース 日本陸連公認コース )

http://www.jaaf.or.jp/files/competition/document/1308-1.pdf

3名の選手が出場を決めました。(昨年度のは2名)

ジュニア男子10KWの部
  小沼良太郎(伊奈中出身)
  鈴木 基嗣(さいたま市出身)

ジュニア女子5KWの部
  渋谷 七未(加須市昭和中出身

  

 

弓道部 関東大会出場決定

速報 弓道部
関東大会出場(県大会を制す!)


8月下旬に行われた県大会において、本校2年生の武藤風雅くんが優勝し、関東大会出場を決めました。

9月3日の始業式後に壮行会が行われ、全校生徒で武藤君の健闘を称えました。

 

ビーチバレー全国大会出場 速報

全国大会出場決定!!

ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会埼玉県予選速報


'18マドンナカップin伊予市ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会埼玉県予選で3年生の田崎真央衛藤雅ペアが優勝し、2年連続全国大会への出場を決めました!!
昨年のベスト8以上の成績を目指して頑張ります!!!応援よろ

しくお願いいたします。


 

陸上部 市長、教育長 表敬訪問

(陸上部 全国大会出場)
蓮田市長訪問

↓ 詳細は画像をクリック ↓



(左から 西山教育長、中野市長、鈴木基嗣君、渋谷七未さん)

全国大会を決めた陸上部の二人が市長表敬訪問をし、激励を受けました。
U20選抜競歩大会(神戸市六甲アイランド陸連公認コース)
出場種目は 男子10KW / 女子5KW
 

松韻高校情報

新着日誌 >> 記事詳細

2019/05/13

No.411 進路指導室前

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長先生

 進路指導室前には大学や専門学校などの資料が置かれています。3年生だけでなく、1・2年生も手にしているようです。



 毎年、卒業生からの「近況報告」も掲示されます。この春の卒業生からの「近況報告」が来る日が楽しみです。

〈気になる言葉〉
「自分からするのが、挨拶です。誰かに挨拶されて返すのは、返事です。」中谷彰宏『会話力のある人は、うまくいく。』Gakken 2015 p.28.

 


11:50 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)

中学生の皆様へ

平成31年度の学校案内はダウンロードしてご覧ください。2018年度 蓮田松韻学校案内.pdf
 

保護者の皆様へ

本年度より保護者宛ての文書をホームページの「PTA」からダウンロードできるようになりました。生徒を通じた文書配布も今までどおり同時に行います。

 

輝け!スクールライフ

県立蓮田松韻高校ホームページ・サイトポリシー

県立蓮田松韻高校ホームページ(以下「本ホームページ」という。)は県立蓮田松韻高校が運営しています。以下の条件に同意の上、ご利用ください。

〇著作権について
・本ホームページにおけるすべての著作権は県立蓮田松韻高校に帰属します。
・私的使用などの著作権法上認められた場合を除き、本ホームページのニア用を無断で転載・引用することは禁止ます。

〇個人情報の取り扱いについて
・本ホームページを通じて個人情報(住所、氏名、電話番号、E-mailLアドレス等、特定の個人を識別できる情報)を収集するときには、収集の目的を明確にし、その目的に必要な範囲の情報を収集します。
・収集した個人情報は、「埼玉県個人情報保護条例」に基づき、適正に管理します。また、該当の目的以外では使用しません。

〇免責事項
・本ホームページに掲載されている情報の正確さに万全を期していますが、県立蓮田松韻高校は利用者が本ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、一切責任を負わないものとします。
・県立蓮田松韻高校は、利用者が本ホームページを利用したことにより発生した利用者の損害および利用者が第三者に与えた損害については、一切の責任を負わないものとします。