学校案内

本年度の学校案内が完成いたしました。ぜひご覧ください。
蓮田松韻学校案内2017.pdf
 

熱い夏が始まりました!



今年度も松韻高校部活動が活気付く季節になりました!
3年間の集大成を示す夏の大会が各部活動で始まっています。
仲間との時間、先輩・後輩との時間を大切に、一つ一つの試合を頑張ります!
たくさんの声援・応援、熱いサポートをお願い申し上げます。

文化部の部員たちも、文化祭に向けて頑張っています★
 

松韻高校情報

新着日誌
12345
2017/06/23new

No.53 高校見学

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長先生

 昨日(6月22日)は開校記念日で学校は休みでした。一昨日の21日は、蓮田市立平野中学校の保護者の皆さんが来校してくださいました。担当者から本校の概要等について説明をさせていただきました。平野中学校の保護者の皆様、お疲れ様でした。

〈気になる言葉〉

「『最近の若者』が年長者から見て問題の多い存在であることは当たり前のことで、わざわざ問題というほどの問題ではない。『最近の年長者』だって、若いころは宇宙人だの新人類だのとレッテルを貼られ、理解不能だとさえいわれたものだ。ちなみに『新人類』という言葉が流行語大賞になったのは一九八六年のこと。」本田有明『上司になってはいけない人たち』PHPビジネス新書 2014 p.3.


08:25 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/06/21new

No.52 数学の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長先生

 ニャンニャン。校長がまた独り言をいっている。今度も授業の感想らしい。数学のようだ。



 「『有理数である』の否定は『無理数である』」という解説に驚いたらしい。「『有理数ではない』しか思いつかなかった」と嘆いている。校長は理科だけではなく数学も苦手だったことが判明した。

〈気になる言葉〉
「ナルシストは『自分は、本当は実力がないのではないか』という不安を内心抱いている。このため、そうした現実に直面しないよう、実力が明らかになる場面を避けようとする。『自分は全力を出したわけではないのだから、たとえ失敗しても、それが自分の実力ではない』という言い訳をあらかじめ作っておくのである。」大渕憲一『失敗しない謝り方』CCCメディアハウス 2015 p.170.

10:50 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/06/20

No.51 学校評議員会

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長先生

 本日、学校評議員会を開催しました。蓮田市長・中野和信様をはじめ学校評議員の皆様には、お忙しい中、御出席をいただき、ありがとうございました。

 学校評議員の皆様からいただいた貴重な御助言や御意見を生かして、教育活動のさらなる充実・発展に努めて参りたいと思います。


〈気になる言葉〉

「行動を積み重ねましょう。必要な知識や言葉は、やっているうちに身につきます。」池田将貴編訳『覚悟の磨き方超訳吉田松陰』サンクチュアリ出版 2013 p.58.


16:50 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/06/19

No.50 理科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長先生


 ニャーオ。校長室をのぞいたら、校長がにやけながら独り言をつぶやいている。「そういうことだったのか」とか「勉強になったなぁ」とか、そんな言葉を口にする。なんのことやら意味不明だ。暇つぶしに聞いていた。

 校長が口にする言葉を吾輩の頭の中でつなげてみた。

 どうやら理科の授業に参加した感想らしい。校長は、高校時代、理科が苦手だったことも判明した。はるか昔の高校時代の理科の授業がさっぱりわからなかった校長が本校の理科の授業に参加して、そのわかりやすさに感心したようだ。

 


〈気になる言葉〉

「子育て、教育というものは、最終的に『子どもがひとりで生きていける力を育む』ことであり、学校もその目標に向かって注力していくことが求められます。」柳沢幸雄『なぜ、中高一貫校で子どもは伸びるのか』祥伝社新書 2015 p.23.


17:00 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/06/16

No.49 今回は2年生

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長先生

 華道部の生徒が校長室に花を持ってきてくれます。毎回3年生の部長が活けた花を持ってきてくれるのですが、今回は2年生の副部長の「作品」だそうです。



 いつもありがとう! 可愛い花を見ながら、今日も一日頑張れそうです!!

 

〈気になる言葉〉

「子どもが学校のテストをプライバシーの侵害だと言って見せなかったとしたらどうなりますか? 夜中に帰ってきた理由を隠すとしたら? ケータイの内容も同じです。むしろ、ケータイこそ、高額課金の問題や、犯罪の温床となっている点からも、しっかりチェックする必要があるといえます。子どもが『プライバシー』という言葉を使っても、それに翻弄されないでください。」磯村毅『親子で読むケータイ依存脱出法』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014 p.214.


08:20 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
12345

輝け!スクールライフ